学生ローンのメリット

学生にとってローンを組むと聞くと、大学生であれば早くも車やバイクを購入するのにローンを組んだり、勉強するためにローンを組んだり、場合によっては脱毛など美容関係でローンを組んだりすることが思い浮かぶかもしれませんが、キャッシングサービスを利用するために学生ローンを用いることもあるでしょう。学生ローンを用いていれば社会人と同じで学生であってもいざというときの出費に対応することができます。もちろんこれも借金ですので、しっかりと計画的に利用する必要がありますし、返済を順調に進めていく必要があります。

学生ローン近年総量規制というものが作られ、貸金業者が貸せる金額というのが、当人の年収の三分の一までと決められました。これによって過度な多重債務に陥ることがないようにされたわけです。これは学生ローンにおいても同様のことが言えます。学生であっても結構頑張ってバイトをしている場合はそれなりに収入があるかもしれません。その収入額の三分の一までの金額までしか借りられないということです。学生ローン自体は親にバレることなく利用できるということで、成人している学生さんにとっては利用しやすいものです。そして審査が厳しくなく迅速というのもメリットです。

 

学生ローン融資のポイント

学生ローンで融資を受ける場合にどのようなポイントが大事になってくるでしょうか。身元の確かな正式な金融業者かどうか、金利の設定はどうなっているかはあらかじめ確認するようにしましょう。基本的に学生ローンは二十歳を過ぎている学生できちんとアルバイトをしている人が用いることができるものです。学生ローンも総量規制の対象であることから、アルバイトで稼げる年収額の三分の一までしか借りられません。しかしだからといってアルバイトで稼いでいる金額をごまかして多く借りようなどとしないでください。

賢く使うまた学生ローンの融資を依頼する場合にはどのような使い道なのか聞かれると思いますが、そのような時にヘタに嘘をつくのではなく、正直に申告するようにしましょう。学生用のローンだとしても返済が遅れてしまえば遅延損害金が発生します。返済期日を守れるように計画を立てることももちろん大事です。学生だとしても返済が滞おり、61日以上返済できない期間が続くと、世間で言うところのブラックリスト状態になってしまいますので気をつけましょう。しかし計画的に用いるならば学生ローンは一括でなにか大きな金額を支払わなければいけない場合に有用なものとなりますので賢く使うようにしましょう。

Pocket

学生向け融資って何?

世の中では消費者金融のCMや宣伝が溢れていますが、お金を借りることに関してかなり警戒心が強い人もいます。しかし最近過払い金請求に関するCMが多く聞かれているとおり、依然グレーゾーン金利でお金を貸していたような貸金業者が消えていって、過払い金の請求なども進み、今では健全な金利で、そして総量規制なども手伝ってより安全な形でお金を借りることができるようになっています。そんな中でお金を借りる必要がある人はローンなどによって助かり、生活の役に立てていけるのです。

銀行ローンを利用するのはなにも社会人だけではありません。世間には学生ローンと呼ばれるローンもあり、学生でも融資を受けられるチャンスがあるのです。学生ローンと聞くとなにか奨学金のようなものかと勘違いする人もいますが、学生ローンという言い方をする場合これは学生を対象としたキャッシングサービスのことを指しています。カードローンやキャッシングローンは基本的に定期的な収入がある人が用いるものなので、学生がどうやって利用できるのだろうと不思議に思う人も多いでしょう。

学生ローンは普通の消費者金融や銀行のカードローンなどとは違います。学生ローンの場合は一般的な消費者金融やカードローンは金利が安く設定されています。学生専門のキャッシングサービスということなので、学生証とほかに身分証明書を用意して審査を受ける必要があります。学生ローンでは多くの場合利用限度額を50万円くらいに定めています。

Pocket